下村大輔

昭和49年1974年10月3日兵庫県高砂市生まれ
家族構成 父、母、姉(1972年生学年二つ上)妹(1976年生早生まれ学年一つ下)
小学校6年生の12月までを緑が丘の旭ガラスの4階建て社宅の3号棟の3階に住む。
典型的な核家族
6年生のたしか1月、紙町の中古の一軒家に引っ越す。(はじめての自分だけの部屋)
中学生高校生をその家で過ごす。
18歳高校卒業後、東京へ上京。下北沢の4畳半風呂なし共同トイレのアパートではじめての一人暮らし。
コント、演劇のまねごとの様な事をする。
東松原のアパートではじめての同棲をする。
平田オリザ主催劇団「青年団」に入団し3年ほど演劇、旅公演をする。退団する。
沖縄首里へ移住し神部敦彦曽我大穂とバンド「ボサロージン」(ハードボイルドbossaRoujin)を結成する。
全国ツアーを敢行後一時休止。
ある女性と再会。
青春18キップで2泊3日の旅行後交際がはじまる。
富永純を加え「ボサロージン」再開。
終演。
はじめての美術作品自画像「できた!」完成。
同時期はじめての詩「僕は自分に正直で素直でやさしい人になりたいです。」を書く。
幼なじみの清水良昭と初監督作品映画「ななめ上前向き」を監督。
豊島圭介監督映画に出演。
山内ケンジ監督CMコンコルド出演
映画「家族物語」を監督。
田口朋毅主演映画「サムライまつり」を監督出演。
青年団の坂本和彦主演映画「春 男と女、」1を監督
青年団の坂本和彦主演映画「春 男と女、」2を監督
文しもむら大すけ絵リンダギー絵本「チックとジック」完成。
美術作品「これかぁ」発見。
「樹木土葬」を思い付く。
思い直す、生きてるうちにできる事をしよう!
絵本「春 男と女、3」をつくりたい。


現在にいたる