『男』

登場人物  ・男(30)・その他

○夏の夜の川原。虫が鳴いている。男(後ろ姿)、土手に座って星空を眺めている。流れ
 星が右上から左下へ流れる。同じように男の首、左側へポキって折れ大量の血が吹き出して死ぬ。 生き返る。
○遊園地で着ぐるみショーをやっている。突然、一人の着ぐるみ男、倒れて死ぬ。
 変わりなく響く子供達の歓声。ループするメリーゴーランドの音楽。 生き返る。
○「好きです、好きです、大好きです。」ラブレターを書きおえて死ぬ。 生き返る。
○真っ昼間、病気の男、布団で寝ている。近くで女の子が二人、工作をして遊んでいる。
 下の部屋からは妻と母親が料理をしている音と声。ガンガンに流れる高校野球のTVの音。
 男、静かに死んでいく。 生き返る。
○道端に亀が歩いている。トラック野郎が猛スピードで走ってくる。男、亀を助けるが、
 トラックにはねられて死ぬ。 生き返る。
○男、木に登って林檎の実をとって、一口、ガブッとかじるが、足を滑らせて落ちて死ぬ。
 手には真っ赤な林檎を握っている。 生き返る。
○男、神社の裏にまわると中学生のカップルがキスをしている。はっとして、気づかれない
 ようにゆっくり後ずさりをするが斜めに崖から滑り落ちて死ぬ。 生き返る。
○末期のがんで病院から抜け出して森へ行ってワインとチーズ。寝転んだら木々の間から
 木漏れ日が見えた。横たわった男のまわりにお腹のすいた蛇とかリスとかコオロギとか
 アリとかバクテリアとか禿鷹とかが男が死ぬのを楽しみにまっている。死ぬ。 生き返る。
○夏の夜、野外でダンスを見ながら死ぬ。 生き返る。
○幸せな家族の男、子供の誕生日のパーティーの準備中に死ぬ。 生き返る。
○不治の病の妻と一緒に焼却炉に身を投げる男。カーステレオからはクラシックが流れている。
 煙突からはもんもんと黒い煙が。死ぬ。 生き返る。
○京都の山の「大」の所に火だるまになって駆け登り「犬」になって死ぬ。 生き返る。
○TVで相撲を見ていて、吹っ飛ばされた力士に押しつぶされて死ぬ。 生き返る。
○回転寿司で寿司がうますぎて死ぬ。ぐるぐる回り続ける寿司。 生き返る。
○双子の女2人に刺されて死ぬ。 生き返る。○走りながら死ぬ。 生き返る。
○電車に乗って百科事典を読んでいて、パタっと閉じて風圧で頭うって死ぬ。 生き返る。
○うさぎのようにさみしすぎて死ぬ。 生き返る。○散髪されながら死ぬ。 生き返る。
○トマトをぶつけられて、男の方がぐちゃってなって、死ぬ。 生き返る。
○雲の上でふわふわと寝転んで昼寝していて、寝返りをうって落ちて死ぬ。 生き返る。
○公園で子供達が遊んでいる。カメラを回しながら近付いていき、転んで死ぬ。カメラを
 覗き込む子供達。子供達の遊んでいる声。生き返る。
○男、図書館で山積みの書物をあさり、宇宙についての本の中の土星の写真を見て一言、
「これかぁ」